福岡予選

  • HOME
  • 予選応募

まずは応募書類をダウンロードして必要事項を記入してください。
その後、下記の応募フォームに入力し、応募書類をアップロード、応募規約を確認の上で、応募ください。

会場希望(必須)

参加予選:福岡予選

チーム名(必須)
代表者名(必須)
電話番号(必須)
- - ※半角数字
応募書類(必須)
応募書類をアップロードしてください。
×
ファイルサイズ上限:3MB
備考(任意)
アンケート(任意)
本イベントを何で知りましたか?
スマートフォンアプリジャム2017応募規約


スマートフォンアプリジャム2017応募規約

「スマートフォンアプリジャム2017」(以下「SPAJAM」といいます)は、一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(以下「主催者」といいます)が主催するスマートフォン(タブレット端末を含みます。以下同じ)向けアプリケーションコンテストです。SPAJAMへの応募者(以下「応募者」といいます)は、SPAJAMへの応募にあたって、以下の応募規約(以下「本規約」といいます)の内容を承諾していただきます。

第1条 (SPAJAMの概要)

  • 1. SPAJAMでは、主催者が提示する課題・テーマ等(以下「テーマ」と総称します)に基づいて、応募者がハッカソン形式でスマートフォンアプリケーションを制作し、競います。
  • 2. SPAJAMは、全国各地で実施する予選及び予選における成績優秀者による本選で構成されます。予選及び本選の概要については、別途SPAJAM2017公式サイト(http://spajam.jp/)等で案内します。
  • 3. SPAJAMにて制作されたアプリケーション(以下「作品」と総称します)の中から、主催者が指定する審査員が、審査基準に基づき選考の上、入賞作品を決定し、表彰します。

第2条 (権利帰属)

  • 1. 作品にかかる著作権その他の知的財産権は、権利保持者から作品制作のために提供を受けた商標やロゴ、画像、キャラクターその他素材に関する権利を除き、応募者に留保されるものとします。ただし応募者は主催者、SPAJAM協賛企業、報道機関がSPAJAMの広報の目的で作品にかかる著作権その他の知的財産権を使用することを予め承諾します。
  • 2. 主催者、SPAJAM協賛企業、報道機関によって記録された写真、画像、映像、音声、テキストデータなどについて、応募者は、主催者、SPAJAM協賛企業、報道機関が応募者の承諾を得ることなく、SPAJAMの広報の目的で使用することを予め承諾します。

第3条 (本規約への同意)

  • 1. SPAJAMへは、5名以内のグループを構成して参加いただきます。グループで参加するにあたり参加代表者が、参加代表者を含むグループを構成する全ての構成員からの応募に関する同意及び本規約への同意を得た上で応募するものとします。
  • 2. 応募者が未成年者である場合には、親権者の同意(本規約の内容を含む)を得た上で参加いただくものとします。

第4条 (応募要項)

  • 1. 応募者は、予め応募要項を確認のうえ応募するものとします。なお、応募者が以下の事項に該当すると主催者が判断した場合、主催者は応募者に予告なく、当該応募を無効とし、また入賞後であっても入賞等の取消をし、且つ賞品等の返還等を求める場合があります。
    1. ① 本規約及び応募要項に定める応募資格を満たしていない場合
    2. ② 応募内容に不備がある場合
    3. ③ 応募内容の不備による主催者からの通知に対し、通知内に指定する期間内に返答がない場合
    4. ④ 作品が第6条の遵守事項その他本規約または応募要項のいずれかに違反している場合
    5. ⑤ SPAJAMへの参加継続が困難であると認められる場合
    6. ⑥ その他主催者が応募者のSPAJAM参加が不適当と判断する場合
  • 2. 慢性疾患をお持ちの方や妊娠中の方はご自身の責任において応募いただくことを条件とします。

第5条 (応募者情報の取扱い)

  • 1. 主催者は、応募者がSPAJAMへの応募を行う際に登録した登録事項及びその後に主催者に届け出た事項その他応募者に関する情報(以下「応募情報」といいます)を、主催者の「個人情報保護方針(https://www.mcf.or.jp/privacypolicy)」に基づき、適切に取扱うものとし、応募者は、かかる「個人情報保護方針」に基づく応募情報の取扱いにつき同意するものとします。
  • 2. 主催者は、「個人情報保護方針」に基づき、必要な範囲で応募情報の取扱いをSPAJAM協賛企業及び協力企業、運営事務委託業者に委託することができるものとします。

第6条 (遵守事項)

  • 1. 応募者は、以下各号に該当するような作品をSPAJAMで制作してはならないものとします。なお、これらの作品が制作された場合、主催者は応募者の承諾を得ることなく、当該作品を選考から除外します。
    1. ① 主催者、その他第三者の肖像権、パブリシティ権、著作権等の知的財産権その他の権利を侵害する又はそのおそれのある作品
    2. ② わいせつな表現・内容を含む作品
    3. ③ 法令に違反する又はそのおそれのある作品
    4. ④ 公序良俗に反する表現・内容を含む作品又はそのおそれのある作品
    5. ⑤ その他主催者が不適当と判断する作品
  • 2. 作品に関して応募者以外の第三者(原著作者、共同著作者等を含み、これらに限定されません)からの権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等の紛争が生じた場合には、応募者の責任と費用負担(弁護士費用等をも含む)においてこれを処理し、主催者、SPAJAM協賛企業、及びその他第三者に損害を与えないものとします。
  • 第7条 (公開)

    主催者、SPAJAM協賛企業及び協力企業は、作品について、SPAJAMに関する告知、プロモーション、運営その他SPAJAMに関連する目的のために必要な範囲で、ウェブサイトへの掲載等、各種利用をすることができるものとします。

    第8条 (責任)

    • 1. 主催者、SPAJAM協賛企業及び協力企業は、応募者及び第三者に対し、作品の返却または消去の義務を負わないものとします。
    • 2. SPAJAMへの参加は、応募者の自己責任での参加とします。SPAJAMへ参加に関連して応募者が被った損害について、主催者は、本選における宿泊先が提示する宿泊利用約款に基づくものを除き、責任を負わないものとします。

    第9条 (中止及び一時中断)

    • 1. 主催者の判断により、SPAJAMの全部又は一部を中止することができます。
    • 2. 主催者の判断により、SPAJAMの全部又は一部を中止する場合、主催者が適当と判断する方法で応募者にその旨を通知します。ただし緊急の場合は応募者への通知を行わない場合があります。
    • 3. 主催者は以下、各号の事由が生じた場合には応募者に事前に通知することなく、一時的にSPAJAMを中断することができます。
      1. ① 天災などの不可抗力により、SPAJAMの開催が困難な場合
      2. ② 火災、停電、その他の不慮の事故により、SPAJAMの開催が困難な場合
      3. ③ 戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等により、SPAJAMの開催が困難な場合
      4. ④ その他、主催者が必要と判断した場合
    • 4. 主催者は本条に基づくSPAJAMの中止及び一時中断によって応募者及び第三者に生じた損害につき、一切責任を負いません。

    第10条 (その他)

    • 1. 主催者は、本規約の内容のほか、SPAJAMの実施、内容、スケジュール等を予告なく改訂、追加又は変更することができるものとします。
    • 2. 本規約の解釈は日本法に準拠するものとします。本規約又はSPAJAMに関して主催者と応募者との間で疑義又は争いが生じた場合には、誠意をもって協議することとしますが、それでもなお解決しない場合には東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    以上

 

主催

MCF

PAGETOP