NEWS
ニュース

2018年6月22日|NEWS

 

全国の優秀賞から本選出場チームが決定!

全国の9会場で行われた予選で、最優秀賞を受賞した 9 チームが本選出場を勝ち取りました。
更に、全国の優秀賞を受賞した24チームから厳正なる選考の結果、以下の3 チームが本選出場を獲得しました。
本選は、全国の予選を勝ち抜いた合計12チームによって、COLONY箱根で開催されます。

 
<福岡予選 優秀賞チームから選出>

チーム名 : 甘えん坊将軍Ⅱ
アプリ名 : 応援士隊
チームメンバー : 杉永 良太、長野 恭武、森松 祐樹、川端 伸弥、川上 恭亮
アプリの内容
スポーツ中継をテレビ観戦しているユーザーが、試合会場に向けて声援を送るためのアプリを開発。アプリに向けて声を吹き込むと、音声認識及びネガポジ判定を行い、ネガティブなワードの場合、ポジティブな応援に変換。さらにAI Talkで音声合成しポジティブな声援としてスピーカーで再生される。多数のAPIを巧みに組み合わせる高い技術力に加え、会場を大きく盛り上げるプレゼン力が評価され、優秀賞からの選出となった。

 
 
 
<東京C予選 優秀賞チームから選出>

チーム名 : TEAM OBCN
アプリ名 : Repline
チームメンバー : 岩瀬張 太士、朝日 勝雅、土屋 茉奈美、藏内 亮、平野 彩花
アプリの内容
複数のアプリで多様な人とコミュニケーションしている情報社会において、Reply(返信)の課題を解決するアプリを開発。Androidの通知APIを利用して、メッセージを独自アルゴリズムによる機械学習で重要度に並び替えた上で、定型文での返信機能やリマインダー機能を実装した。ハッカソン中に学習したモデルとRestFulAPIをパッケージング化して,開発環境と本番環境を分離しデプロイ・サービスする等で将来の拡張性も考慮されている。課題への強い共感から独自アルゴリズムへ挑戦しつつも、UI/UXとも商用サービスにも耐えうる高いレベルで実装されたことが評価され、優秀賞からの選出となった。

 
 
 
<東京D予選 優秀賞チームから選出>

チーム名 : 温泉行きたいチーム@React Native
アプリ名 : Play
チームメンバー : 小笠原 寛明、灰田 直史、野口 千紘、池田 達哉、猪狩 蓮汰朗
アプリの内容
東京D予選では「音楽」というテーマに対して、"音楽で自分を表現する"をコンセプトに、Spotifyのプレイリストからジャケ写を合成し、自分だけのTシャツデザインを生成できるアプリを開発。GMOペパボのSUZURI APIを通じて実際にそのTシャツを購入できる他、Tシャツデザインに埋め込まれた2次元コードから、第三者がプレイリストを呼び出して再生できる仕掛けも。予選では僅差で最優秀賞を逃したが、権利者にジャケ写を使った新しいマネタイズの可能性を感じさせるサービスアイデアや、デザイン・UI/UX・技術力の全ての面において総合的に高い水準であったことが評価され、優秀賞からの選出となった。

主催

MCF

PAGETOP